Skip to main content

長期的な価値に投資

ブルックフィールドは120年以上の歴史をもつオルタナティブ資産の所有者または運営者として良質な事業に長期的な投資を行い、現在世界30か国以上で6,000億ドルを超える資産を運用しています。

日本におけるブルックフィールド

ブルックフィールドは10年以上にわたり、様々な形で日本企業様と良好な関係を築いてまいりました。2015年に、アジアパシフィック地域におけるグループの成長に伴い、日本に初めてオフィスを設立しました。

日本では、日本企業様とのパートナーシップを通じて、不動産、プライベートエクイティ、インフラストラクチャー、再生可能エネルギーの分野にて、国内および海外でパートナー様の事業・資産の潜在能力を最大限に発揮できるよう支援させて頂いております。

また、弊社のグローバルな投資戦略へご賛同頂いた数多くの投資家の皆様から、多大なるご支援を頂いております。

グローバルプレゼンス

不動産 – 2,100億ドル AUM

  • ブルックフィールドは世界最大級の不動産オーナー、デベロッパー、またオペレーターでもあります。弊社はダイナミック且つ弾力性のある不動産市場に多様な投資展開を行っています。良質で価値の高い資産への投資を行い、積極的に価値の向上を図り、投資パフォーマンスを高めています。

オフィス | 商業施設 | 集合住宅 | 工業・物流 | ホスピタリティ | セルフストレージ | 学生寮

インフラストラクチャー – 950億ドル AUM

  • ブルックフィールドは世界最大クラスのインフラストラクチャー資産への投資家、オーナー、オペレーターとして数えられます。ブルックフィールドが投資しているインフラストラクチャー事業は、弊社の100年以上にわたる知見を活かし、希少で参入障壁の高い良質な事業に投資しています。

ユーティリティー | 運輸 | エネルギー | 持続可能資源 | 通信インフラ

プライベートエクイティ – 730億ドル AUM

  • ブルックフィールドは、質の高いプライベートエクイティ事業を所有、運営しています。これらは高い参入障壁と最適なオペレーション効率を実現することにより支えられています。弊社は事業の内部成長の促進と投資による事業拡大を通じ、企業の長期的な発展を目指します。

ビジネスサービス | 工業・物流 | 梱包・特殊紙製造 | 金属・鉱業 | エネルギー | 建築製品 | 建築・土木 | 土地開発 | 住宅建設

再生可能エネルギー – 590億ドル AUM

  • ブルックフィールドは再生可能エネルギー分野において世界有数の規模で投資、運営を展開しています。水力発電事業においては特に大規模の投資、豊富なトラックレコードを有しています。また北米、南米における弊社の再生可能エネルギー資産は、所有者、オペレーターとしての知見を活かし、長期にわたって魅力的なリターンを創出しています。

水力 | 揚水・蓄電発電 | 風力 | バイオマス | 太陽光

オークツリー – 1,530億ドル AUM

  • オークツリーはグローバルなオルタナティブ投資運用会社であり、クレジット及びその他投資分野において、リスクがコントロールされた、価値の高い資産への多面的な投資を行っています。
     
  • ブルックフィールドは2019年にオークツリーの過半数の株式を取得しましたが、オークツリーは今後も独立した事業体として運営されます。

ニュース

カーボンゼロに向けたビジネスの変革

View the link below

もっと詳しく知る
オ フィス 市 場 の 将 来 につ い て: 大方の予想は正しいか?

コ ロ ナ 禍 で リ モ ー ト ワ ー ク が 浸 透 し て き た も の の 、物 理 的 な オ フィ ス に 対 す る 需 要 は 今 後 も 大きく減退することはなく、引き続き企業文化にとってオフィスが重 要な存 在であり続けることになると私たちは 考えます。

もっと詳しく知る
Brookfield acquires 62% of Oaktree Capital

View the latest Press Release

もっと詳しく知る

リーダーシップ

神田有宏

ヴァイスチェアマン、日本代表

Brookfield Japan株式会社 代表取締役

神田有宏

ヴァイスチェアマン、日本代表

Brookfield Japan株式会社 代表取締役

2020年にシニアアドバイザーとしてブルックフィールドに参画後、ヴァイスチェアマンとして日本でのオペレーションを統括。

以前は東海銀行(現三菱UFJ銀行)、メリルリンチを経てゴールドマン・サックスに入社。

ゴールドマンサックスでは不良債権投資、不動産投資、企業投資を行う戦略投資部にて活躍し、マネージングディレクターに昇格。その投資の一環としてゴルフ場再生を行い、アコーディアゴルフを上場、後にPGMの社長にも就任する。

服部 経治

マネージング ディレクター、プライベート・ファンド 日本代表

Brookfield Japan株式会社 代表取締役

服部 経治

マネージング ディレクター、プライベート・ファンド 日本代表

Brookfield Japan株式会社 代表取締役

ブルックフィールドのマネージング ディレクター及びプライベート・ファンド・グループにおける日本代表及び営業責任者。2015年よりブルックフィールドに参加以降、本邦機関投資家よりブルックフィールドの多岐にわたるプライベートファンドへの投資、また投資後のクライアントサービスの責任を担う。また、Brookfield Japan株式会社の代表取締役を務める。

2015年以前は、クレディ・スイス証券にてオルタナティブ戦略のプレイスメント・エージェント・チームのアジア支部の立ち上げをはじめ、日本を含むアジアの機関投資家向けに様々なプライベートファンドの資金調達業務を行う。それ以前はグローバルの欧米投資銀行にて投資銀行関連の投資業務、また国内PEファンドにて投資実務業務を長年務める。また、ニューヨークのアーンスト・アンド・ヤング会計事務所にて、米国及び国際企業の監査実務経験にてキャリアを始める。

コロンビア大学ビジネス・スクール(MBA)卒、慶應義塾大学経済学部卒、米国公認会計士。

Yusaku Enoki

シニアヴァイス プレジデント、インベストメンツ | プライベートエクイティ

Yusaku Enoki

シニアヴァイス プレジデント、インベストメンツ | プライベートエクイティ

シニアヴァイスプレジデントとして日本におけるプライベートエクイティ投資業務を担当。

プライベートエクイティ業界において10年以上の豊富な経験を有し、ブルックフィールド参画以前にも、ゴールドマンサックス、ベアリング・プライベート・エクイティ・アジア、Lキャタルトン・アジアなどのグローバルPEファンドにて案件発掘、案件実行、および投資後のバリューアップなど幅広く担当。また国内の事業会社での勤務経験も有し、三井物産ではグローバル石油会社への大型プロジェクトファイナンス業務を担当。

東京大学学士課程修了、東京大学大学院航空宇宙工学専攻修了、工学修士。

土田 育新

ヴァイス プレジデント、インベストメンツ | 不動産

土田 育新

ヴァイス プレジデント、インベストメンツ | 不動産

2020年にヴァイスプレジデントとしてブルックフィールドに入社し、日本における不動産投資ビジネスを拡大すべく、投資対象として不動産、不動産関連企業、並びにその他潜在パートナー様との資本提携等含め、新規案件のソーシング、評価、投資実行業務等を担当。以前は、アンジェロ・ゴードンにて9年間国内外の不動産投資業務に従事。それ以前は中央三井アセット信託銀行にて伝統資産の運用業務に従事。

早稲田大学先進理工学研究科ナノ理工学専攻修了。工学修士。

木村 茂樹

シニアアドバイザー

木村 茂樹

シニアアドバイザー

ブルックフィールド参画以前には、2013年6月から2017年6月まで4年間にわたり、株式会社国際協力銀行(JBIC)執行役員・産業ファイナンス部門長としてJBICの投融資部門を率い、海外M&Aファイナンス、プロジェクトファイナンス、エクイティ・ファイナンス、プライベート・エクイティへの投資、中堅中小企業の海外投資へのファイナンス等により、日本企業の海外投資をサポート。

JBIC以前には、以前には、財務省、内閣官房等において、国際金融や安全保障関連等幅広い分野でのシニア・ポジションを歴任。国際金融機関(世界銀行、米州開発銀行)にシニア・マネージャーとして勤務。

東京大学法学部卒業。弁護士。